お互いが心を開いて愛を育む

お互いが心を開いて愛を育む。
そう、この表現ならピタリときます。
男女の間の愛が確立するプロセスは人それぞれ、いろいろちがいます。

お互いが出会った時から、電光石火のように愛し合う場合もあります。
いわゆる相思相愛ですね。
でもハッピーエンドになるのはこれがすべてではありません。
たとえば、一方的に相手に熱をあげる片思い。
結果は失恋に終わるだけでしょうか。
そんなことはないですね。
片思いから、晴れてゴールインしたカップルは大勢います。
では、片思いの愛がなぜ、成就したか。
それは、相手がその人に、少しずつ心を開いたから。
そして、その人を理解していくうちに自然とその愛にこたえ、愛情を持つようになったからだと思います。
不倫の恋をしたことで、愛の喜びを知ったこの手紙の女性は、愛されもしないのに、夫に愛情を持つことはできなかった、と言っています。
でも、まずこの女性に言いたいのです。
あなたは一度でも彼に心を開きましたか。
彼の心に歩み寄ろうとしたでしょうか。
ひょっとしたら、愛を要求するばかりで、「愛されていない」と嘆いて、被害者意識を持っていたのではないでしょうか。
被害者意識は自分を悲劇のヒロインに仕立てあげます。
何て哀れなんでしょう、何で惨めなんでしょう、と自分を慰めることに陶酔します。
自分がいちばん可愛くて、相手の気持ちなんておかまいなし。
これでは、心を開けるはずがないのです。

心を開かなければ、人を愛することもできなければ、愛されることもない。
たとえ、愛されていても、自分の砦に閉じこもって相手を寄せつけない。
だから、愛されていることに気づかないでしょう。

もっと私を愛して、と相手に要求してばかりいる女性は、相手を愛すことは二の次です。
自分のことしか頭にない、我がままな人です。
そして、このタイプの人は必ず、被害者意識を持ちます。
自分が可愛いからです。
被害者意識にドップリ浪かって、涙する。
これほど自分がいとおしくなる媚薬は、きっと他には見つからないでしょう。

可哀相なことに、何度恋をしてもうまくいかない女性がいますが、被害者意識を持つタイプの人もその類いに入ります。
愛をたくさん要求してばかりいるのは、理想を追ってばかりいることも同然です。
目の前に置かれた現実の恋に満足できないから、何度、恋をしても失敗ばかり繰り返します。
そもそも彼の方が、愛を要求ばかりする女性にウンザリして、背を向けてしまうのかもしれません。
そこへいくと、不倫の恋を経験した人の多くは、けっしてそんな理由から恋を失うことはないと思います。

参考記事: